デキる男の10アイテム
お問い合わせリンクデキる男の10アイテム

スーツ

大人と子供の違いは、礼服にあるといえます。学生は学校の制服を礼服として着用しますが、大人は状況に合わせてスーツを着用します。つまり、スーツの着こなしこそが仕事が出来る男の第一歩なのです。ここでは、出来る男になるためのスーツの選び方について解説していきます。

スーツの選び方・着こなし方

「スーツ」と呼ばれることが多くなってきた背広は、会社勤めの人をはじめとする多くの社会人が着用する、いわば「社会に参加するための制服」です。礼服としての燕尾服や喪服なども一種のスーツであるといえますが、背広そのものは礼服ではないことに注意しましょう。

背広の由来とは

スーツの別称である「背広」という言葉には、幾つかの由来があります。一つは燕尾服やモーニングコートなどの礼服に比べて背中が広く見えるからという説、一つは礼服の対義語である市民服の「市民」を意味する「civil」が背広に転じたという説、一つはロンドンにある仕立屋の立ち並ぶセヴィル・ロウ通りが語源となったという説です。現在までの所、全ての説にある程度の信憑性があるためどれが真実かを断定することは出来ないといえます。

スーツの種類

スーツは、デザインによって見る人に与える印象や着用感に違いが現れてきます。ここではほとんどの紳士服専門店で扱われているスーツの種類を紹介していきます。一般的にスーツはウール製が多いのですが、夏場などは汗を掻きやすいので通気性の良い綿や麻などが使われたものを用意すると良いでしょう。

三つ揃い

スリーピースとも呼ばれる三つ揃いは、通常のジャケット・ズボンのツーピースに加えて「ウェストコート」と呼ばれるベストが揃ったスーツのことを言います。三つ揃いはイギリス式背広の基本三点セットで、最初に日本に渡ってきた背広でもあります。現在は、ベストを省いたツーピースが主流となっていますが、こだわりのある人はスリーピースを好んで着用しているようです。

シングルスーツ

シングルスーツは、前合わせを止めるボタンが縦一列になっているデザインの背広です。襟元が大きく開くため、若々しい印象が生まれます。ボタンの数は、3ボタンと2ボタンがあり、現在の主流は2ボタンになっているようです。

ダブルスーツ

ダブルスーツは、前合わせを止めるボタンと飾りのボタンが横二列になっているデザインの背広です。ウェストが引き締まって見えるのが特徴で太めの体型の人に好まれやすいといえます。

スーツの選び方

「デキる男」を演出するためにスーツを選ぶ場合、相手に不快感を与えないことが大前提となります。シングルスーツはラフな着こなしが出来る分、だらしなく見えてしまうのが欠点といえます。ダブルスーツは、がっしりした体型に見えやすいため威圧感を与えてしまう恐れがあります。三つ揃えはお洒落者なイギリス紳士のイメージがありますが、理屈っぽい人のように感じられるかもしれません。

体型との兼ね合いを考えよう

スーツを選ぶ際には、自分の体型を考慮に入れた上でデザインを選ぶ必要があります。太目の体型の場合、シングルスーツだとはち切れそうに見えてしまうことがあるので出来るだけダブルスーツを選ぶようにする、といった具合です。サイズの調整次第で、太めの人でもシングルスーツは着られるので店の人と相談して選ぶようにしましょう。

ビジネスアイテム
<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank"><img src="http://dekioto10.com/img/banner.gif" alt="ビジネスアイテム" width="88" height="31" border="0"></a>

デキる男の10アイテム

<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank">デキる男の10アイテム</a>

広告掲載