デキる男の10アイテム
お問い合わせリンクデキる男の10アイテム

ネクタイ

ある一定の年齢になると、ネクタイを締める習慣が生活に組み込まれる人は少なくありません。ブレザー型の制服を採用している学校に通う学生や、就職した会社の体質に合わせなければならない社会人などが該当します。では、出来る男になるためにはどのようなネクタイを選べばよいのでしょうか?

ネクタイを知る

ネクタイは英語で「首に巻くもの」という意味の通り、首に巻いて襟元を覆う布のことです。ネクタイはアメリカ英語で、アメリカや日本以外では「クラバット」と呼ばれることが多いようです。両端は尖った形が似ていることから、幅の広い方を「大剣」、幅の狭い方を「小剣」と呼びます。

ネクタイの発祥はどこ?

現在のネクタイの発祥は17世紀のフランスにあるとされています。クロアチアからフランスに出征した兵士が、家族から送られた布を首元に巻きつけていたことがネクタイの原型になったと考えられています。これは、ネクタイの別名である「クラバット」に「クロアチア人の兵士」という意味があることが由来になっています。

ネクタイの種類

一般的なネクタイは布製の自分で結ぶタイプのものですが、職種や装着する場面によって使い分けられるネクタイもあるのです。ここでは、そういったネクタイのバリエーションを紹介していきます。

蝶ネクタイ

蝶ネクタイは、結び目だけにしたネクタイで結び目の部分が蝶のように見えることから名付けられました。日本では蝶ネクタイはコメディアンが着用しているイメージがありますが、音楽家やウェイターなどが着用している場合が多々あります。また、礼服であるタキシードには蝶ネクタイを合わせるのが正式になっています。

ループタイ

ループタイは、紐状のネクタイで略式礼装の一種とされています。公の場での着用は歓迎されませんが、引退した高齢者などが着用するのは問題ないとされています。一般的にはアクセサリーの一種として男女問わず着用されています。

ワンタッチネクタイ

ワンタッチネクタイは、専用の装着具を使用してワイシャツの襟に固定するネクタイです。ネクタイを自分で締められない子供や、ネクタイを掴まれる事態を好まない警察官など対象層が幅広いのも特徴です。

スマートネクタイ

スマートネクタイは、ファスナーを使用して締める構造になっているネクタイです。毎日ネクタイを締める人を対象としていて、着用も結び目を緩める時もファスナーだけで操作できるのが利点です。

ネクタイの締め方

ネクタイの締め方は、一般的にはプレーンノットと呼ばれるやり方が主流になっています。他にもダブルノットやウィンザーノットなどの締め方がありますが、基本は「大剣をちょうど良い長さにする」ことと「結び目に窪みが出来るように結ぶ」ことと言えます。大剣が長すぎると上着からはみ出してしまい、短すぎると襟元からはみ出してしまう恐れがあります。ちょうどいい長さは「ベルトにギリギリで掛かる程度」と覚えておきましょう。ネクタイの結び目は緩すぎると真面目にやっていないように見られてしまいます。結び目と大剣の境目が窪む程度に締めるのがポイントです。

ビジネスアイテム
<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank"><img src="http://dekioto10.com/img/banner.gif" alt="ビジネスアイテム" width="88" height="31" border="0"></a>

デキる男の10アイテム

<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank">デキる男の10アイテム</a>

広告掲載