デキる男の10アイテム
お問い合わせリンクデキる男の10アイテム

ワイシャツ

男子学生や男性社会人は毎日のようにワイシャツを着用しなければならない生活を送っています。スーツのように定期的に洗濯すればよいわけでないので、毎日取り替えなければならないのがワイシャツの最大の悩みといえます。ここでは、ワイシャツを着こなしてデキる男になるための秘訣を紹介していきます。

ワイシャツ着こなし術!

ワイシャツは、ネクタイを着用するために襟が大きく作られたシャツのことです。ポロシャツなどのカジュアル目的のシャツと違って、単体で着ることが少ないのが特徴といえます。飾り気の少ないワイシャツは、やはりスーツと合わせてこそ本領を発揮する衣類といえます。

ワイシャツの特徴とは?

ワイシャツの特徴は、機能性を追及したシンプルさにあるといえます。大き目の襟はネクタイを締めるために最適なデザインといえますし、カフスボタンで留める袖口が作業時に邪魔にならないのも素晴らしい機能性といえます。ワイシャツはスーツの上着とネクタイを引き立てるための名脇役として、前に出すぎず引き下がりもしすぎずの絶妙な距離感を保っているのです。

名前の由来

一般的に背広の下に着るシャツを「ワイシャツ」、学生服の下に着るシャツを「カッターシャツ」と呼びますが、これは日本独特の呼び方です。ワイシャツは、「white shirt」の発音から作られた一種のかばん語なのです。カッターシャツというのは、日本が戦勝に沸いていた時期に作られた商品名で、それが定着したというのが定説です。

服装に合わせるために知っておこう!

一般的にはワイシャツは全てのスーツや礼服に合わせられると考えられていますが、実際には細かい違いがあります。礼服に合わせる場合、蝶ネクタイを着用するのに適した「ウィングカラー」と呼ばれる短めで立ち上がった襟を持つワイシャツを選ぶ必要があります。襟にボタンが付いていてシャツ本体に止められる「ボタンダウンカラー」のワイシャツは、カジュアル目的にデザインされているため、会社に着ていく種類のワイシャツとは言いがたいのです。夏場などは、襟元を止めるボタンが二つある「ドゥエボトゥーニ」のワイシャツが、クールビズにも最適です。ワイシャツのレパートリーを抑えておくことは、礼服の作法を知ることにも繋がり目上の人から一目置かれることにもなるのです。

着こなすためのポイントとは?

ワイシャツを着こなすということは、社会人として相応しい身なりを整えるということでもあります。どのような点に気をつけることが重要なのでしょうか?

肌着をワイシャツに合わせる

多くの若者は、肌着代わりにTシャツを着ることに抵抗がないといえます。しかし、白いワイシャツの下にTシャツを着ると汗や光の加減で色が透けて見えてしまいます。ワイシャツを着るときは通常の肌着か、ロゴなどがない白いTシャツを着用するようにしましょう。

サイズを合わせる

衣類を買うとき、洗濯による縮みや着用者の成長を考えて大きめのサイズを選ぶことが良くあります。しかし、ワイシャツの場合サイズが大きめだとだらしなく見えてしまうというデメリットにしかならないのです。ワイシャツを買うときは自分の身体に合ったサイズを選ぶようにしなければなりません。

カフスボタンを使おう

カフスボタンはワイシャツの袖を止めるためのボタンであると同時に、袖口を飾る装飾品でもあります。カフスボタンの使用は、カジュアル目的と実用目的を両立できるというメリットがあります。カフスボタンが使えるワイシャツは、フレンチカフスなどの袖口にボタンが付いていないタイプと、ボタンとカフスボタン用の穴が開いているコンパーチブルタイプになります。カフスボタンを使うことで、着こなしの上級者と見られるのがポイントなのです。

ビジネスアイテム
<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank"><img src="http://dekioto10.com/img/banner.gif" alt="ビジネスアイテム" width="88" height="31" border="0"></a>

デキる男の10アイテム

<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank">デキる男の10アイテム</a>

広告掲載