デキる男の10アイテム
お問い合わせリンクデキる男の10アイテム

革靴

スーツやワイシャツを合わせることに注意していても、靴をスーツに合わせることを考えない人は意外と多いものです。やはり、スーツに革靴を合わせてこそ社会人であり、仕事の出来る男といえます。ここでは、スーツに合わせるための革靴の選び方について紹介していきます。

革靴の履き方・選び方

革靴はブーツから派生して生まれた靴で、ブーツとは逆にフォーマルな目的で履くことの多い靴として発展していきました。そのような経緯があるせいか、現代ではスーツや礼服に合わせるための靴として履く機会が多いといえます。

スニーカーとスーツのミスマッチ

若い人の多くは革靴よりもスニーカーなどの運動靴を履きたがる傾向にあり、スーツの時でもスニーカーを合わせることが多いようです。しかし、スニーカーはもともと運動靴として開発された経緯があり、スーツよりもジーンズやジャージなどの動きやすくカジュアルな衣服と合わせることを目的としています。スニーカーが足に馴染みやすくても、スーツや礼服には革靴を合わせるのが無難であり、礼儀であるといえます。

靴擦れ対策

新品の靴を履くと、足に馴染んでいないためか靴擦れを起こすことがしばしばあります。革靴は特に靴擦れを起こしやすい靴でもあり、若者がスーツにスニーカーを合わせる理由の一つとなっているといえます。革靴での靴擦れは、皮革の固さや靴が足に馴染んでいないことで起こります。対策としては、「中敷きを入れて靴の中で足が動かないようにする」「皮革を濡らして揉みこみ柔らかくする」などがあります。また、靴の専門店などに常駐するシューフィッターという専門家に相談してみるのも手です。

革靴の種類

一口に革靴といっても、デザインや目的によって分類が行われています。種類によってはビジネスに剥かない革靴もあり、覚えておく必要があるのです。

ストレートチップ

ストレートチップは、爪先の部分に一直線のラインが浮かぶデザインになっている革靴です。非常にフォーマルな革靴で、スーツにや礼服に合わせるのであれば間違いのない革靴といえます。

プレーントゥ

プレーントゥは、ストレートチップにデザインが似ているものの爪先部分にラインがない革靴です。フォーマルからカジュアルまで幅広く対応できるシンプルなデザインをもつ、基本的な革靴です。

ウイングチップ

ウイングチップは、翼を広げたようなデザインと「メダリオン」と呼ばれる通気性とデザインを両立するための穴飾りが特徴の革靴です。デザインの主張が強いためカジュアル向きといえ、フォーマル目的での使用には向かないといえます。

ローファー

ローファーは、「スリッポン」と呼ばれる脱ぎ履きが容易に行える革靴です。ローファーは女子学生を中心にした若者層に人気があり、かつて「アイビー・ルック」の必須アイテムとなっていたことなどもあり、フォーマルには向かない革靴といえます。

モンクストラップ

モンクストラップは、修道士が履いていた靴に起源を持つといわれる革靴です。靴紐ではなくベルトで調節を行なうのが特徴で、ローファーに次ぐ履きやすさが魅力です。

靴の選び方

会社に履いていくための革靴は、フォーマル目的を重視して選ぶのが社会人として正しい姿勢といえます。カジュアル寄りのウイングチップやローファーなどの革靴はなるべく避けておくのが無難でしょう。基本的には、モンクストラップタイプの黒を選んでおくのが良いでしょう。

ビジネスアイテム
<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank"><img src="http://dekioto10.com/img/banner.gif" alt="ビジネスアイテム" width="88" height="31" border="0"></a>

デキる男の10アイテム

<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank">デキる男の10アイテム</a>

広告掲載