デキる男の10アイテム
お問い合わせリンクデキる男の10アイテム

ハンカチ

日本では小学校に進学すると、親から「ハンカチとティッシュを持ったか」を登校前に執拗に問いただされるという風習があります。そのためか、社会人になるまでにハンカチを鞄の奥に詰め込んだままにして、全く使わない人も少なくありません。ここでは、社会人としてのハンカチの使い方などを紹介していきます。

ハンカチの上手な使い方!

ハンカチはヨーロッパの女性が頭に巻く布「カーチフ」に起源を持ったエチケット用品です。正式には「手のカーチフ」という意味の「ハンカチーフ」と呼びます。ハンカチは、主に洗った後の手や顔の汗を拭くために使用されます。

ハンカチの形を決めたのは?

ハンカチは、カーチフを起源とするネッカチーフやカーチフそのものなどとは違い、正方形になるように形状が定められています。このハンカチの形を法律で定めたのが、フランスのマリー・アントワネットなのです。マリー・アントワネットはフランス革命の原因となった人物として語られることが多いのですが、当時のヨーロッパ文化の最先端であるウィーンのハプスブルグ家からフランスに嫁いでいたので、フランスの様々な文化の発展に大きな影響を与えたという側面を持っています。少なくとも、このハンカチの規格統一はマリー・アントワネットの偉業として讃えられるべきであると思います。

日本の手ぬぐいとの違い

日本における手ぬぐいはハンカチと同じ目的で使用されることが多い道具といえます。しかし、手ぬぐいとハンカチには大きな違いがあります。それは「粋」という思想です。ハンカチは正方形への規格統一が行なわれるまで、長方形・三角形・楕円形と形状が一定しなかった上に、刺繍や装飾がこれでもかというくらいに華美に飾り付けられてきました。そのため、フランスの上流階級の間ではアクセサリーとして使用されることが多かったといわれています。一方、日本手ぬぐいは大量生産が容易な木綿製の平織り生地が使用されていることもあり、階級を問わず幅広く愛用されています。「普段から使うものには派手ではないが良いものを」という、粋な考え方が手ぬぐいとハンカチの間に境界線を引いたといえます。

人気のタオルハンカチとは?

2006年の夏の甲子園大会で活躍した斉藤祐樹投手によって、日本にハンカチ王子ブームが巻き起こりました。この時、斉藤投手が使用していたハンカチがタオル生地を使用したタオルハンカチでした。タオル生地は、表面に輪が出来るように織ることで吸水性を高めているのが特徴で、タオルハンカチは汗を拭うのに最適なハンカチとなっています。ただし、タオル生地はほつれやすいという弱点を持っています。

デキる男になるためのポイント

仕事が出来る男は、ハンカチを活用するものです。トイレを出た後で洗った手を、ズボンで拭いたり飛沫をそこら中に撒き散らしたりはしないのです。デキる男は、ハンカチを一枚ではなく数枚用意しておきます。汗拭き用・手拭き用で二枚携帯して、予備を3枚程度鞄に入れておくのです。使用して皺だらけになったハンカチはすぐに交換できるようにすることで、几帳面さを養うのです。こういった細やかさを日常生活で身に付けることこそが、デキる男になるための第一歩といえます。

ビジネスアイテム
<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank"><img src="http://dekioto10.com/img/banner.gif" alt="ビジネスアイテム" width="88" height="31" border="0"></a>

デキる男の10アイテム

<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank">デキる男の10アイテム</a>

広告掲載