デキる男の10アイテム
お問い合わせリンクデキる男の10アイテム

アタッシュケース

映画などでは、重要書類など運ぶためにアタッシュケースが頻繁に使われています。銀色に輝くその頑強な姿は、ヒーローの活躍にも負けない存在感を発揮しているといえます。デキる男になるためにアタッシュケースを使うとすれば、どのような基準で選べば良いのかなどを解説していきます。

アタッシュケースを使おう!

鞄は社会人だけでなく、全ての層の人にとって必要不可欠な道具であると言えます。しかし、数ある鞄の中でもアタッシュケースは社会人の使うものであると明確に区別されているといえます。

名前の由来は?

アタッシュケースは、正確に発音すれば「アタッシェケース」となります。この「アタッシェ」とは、フランス語で「大使館員、駐在武官」などの意味があります。つまり、「大使館に属する人間が使用するケース」というのがアタッシュケースの語源なのです。外交で重要な書類を扱う立場上、通常の鞄よりも堅牢かつ機密性が高い鞄が必要であったことがアタッシュケースを生み出したのです。

メリットとデメリット

アタッシュケースを用いることは、様々なメリットとデメリットを生み出します。メリットとしては「中身を他人に見られにくい」「盗まれにくい」ことが挙げられます。利用者の中には、取っ手と自分の手首を手錠で繋いで持ち運ぶ人さえ居るほど高い防犯性を獲得することが出来るのがメリットといえます。デメリットとしては「重い」「場所をとる」といったことがいえます。人工樹脂や合金で堅牢に作られているために、他の鞄のように体積を小さく出来ないことがデメリットとなっているのです。

鞄以外の活用法

アタッシュケースは鞄の中でも珍しい「変形しにくい」「容量が大きめ」という二つの特徴を両立しています。この特徴を活用することで、本来のアタッシュケースの使用法以外の使い方が現れてきます。実例としては、海外のボディガードが使用する中にマシンガンを仕込んだ「ブリーフケースマシンガン」や、パソコンの部品を中で組み立てて持ち運べるようにした「アタッシュケースPC」などがあります。

アタッシュケースの選び方

アタッシュケースは、いわば上級者向けの鞄であるといえます。堅牢な構造を維持するため、人工樹脂や合金を多用しているのでどうしても重くなってしまうのです。また、防犯性のために蓋に鍵が付いているタイプのものもあるため、万が一鍵を無くしてしまうと鍵屋さんを呼ばなければならなくなることも考えられます。なので、格好だけで選ばず購入後のことも考えた上でアタッシュケースを選ぶのが、出来る男の第一歩であるといえます。

高くても信頼できるものを選ぶ

アタッシュケースは、安いものであればホームセンターでも購入することが出来るようになっています。しかし、価格が安い分アフターサービスが充実していなかったり壊れやすかったりといった難点を抱えていることもしばしばです。できれば、ゼロハリバートンなどの名前が知られているメーカー製のものを選ぶのが基本です。

使いやすい鍵が付いているものを選ぶ

多くのアタッシュケースは、防犯対策用に鍵が最初から付いています。一般的なシリンダー式の鍵やダイヤル式の鍵、物によってはシリンダー式+ダイヤル式になっているものさえあります。シリンダー式は、出先で鍵を無くすとスペアキーがなければどうにもならなくなってしまいますし、ダイヤル式のものは総当りする手間と根気があれば持ち主以外にも開けられるという弱点があります。購入の際は、鍵のタイプを選考条件に入れるのが最善といえます。

ビジネスアイテム
<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank"><img src="http://dekioto10.com/img/banner.gif" alt="ビジネスアイテム" width="88" height="31" border="0"></a>

デキる男の10アイテム

<a href="http://dekioto10.com/" target="_blank">デキる男の10アイテム</a>

広告掲載